レザージャケット選び方憧れで買うと失敗します!女性はテイストが重要

おすすめのラムレザーコート
この記事は約7分で読めます。
レザーマイスターnob
レザーマイスターnob

こんにちは

レザーマイスターのnobです

羊子ちゃん
羊子ちゃん

今年はレザージャケットが欲しい

のですが、何を選んでいいか

わからないんです

 

レザーマイスターnob
レザーマイスターnob

どのようなイメージで着たいかを考えてみましょう

このブログではカジュアル・きれいめ・カジュアル&きれいめ

に分けて解説します。

 

 

*このブログはこんな方に向けて書いています
✅レザージャケットを買いたいけど何を選んだらいいかわからない
✅レザージャケットのサイズがよくわからない
✅どんなレザージャケットが似合うのかわからない

 

これを書いている私
23歳から58歳の現在に至るまで35年間レザー業界で仕事をしています。現在は全国の大手百貨店でオリジナルブランド『nobstyle』を展開中。

レザーマイスターとして全国の百貨店からお声がかかり多くのお客様にご紹介しています。

ショップチャンネルにも出演。

知識や経験においては日本でもトップクラスだと思います。

[レザーの商品開発]と[レザー専門の販売]両方の業務に30年以上携わっている人はいないから。

そんな私がラムレザーの豆知識やメンテナンス、お客様のお悩みについても書いていきいと思います。

 

スポンサー
スポンサー

レザージャケットの選び方憧れで買うと失敗します!テイストが重要

レザーマイスターnob
レザーマイスターnob

テイストは細かく分けるとわかりにくいので

ざっくり3つのパターンで解説しますね

  1. カジュアル
  2. キレイ目
  3. カジュアル・キレイ目両立て

 

レザーマイスターnob
レザーマイスターnob

日ごろの服装からどのタイプに当てはまるか

チェックしてください

 

 

*重要ポイント
「レザーを着るのでかっこよく」などと普段と違うテイストを選ぶとレザーが浮いてしまい似合わない原因になります←結構そのようなお客様はいます^^;
あくまでも【普段の着こなし+レザー】で考えてください

 

こちらではテイスト別に『素材レベル』『デザイン』『目安のカラー』についてアドバイスしたいと思います。

 

 

 

1.カジュアル

ダメージのデニムや綿のパンツはレザーととても相性が良い素材です。

レザーの素材や加工

羊でも牛でもなんでも合います。

少しハードタイプの素材でも相性はバツグンです。

加工はダメージ素材・ウォッシュタイプ(洗い)・植物なめしなど

素材は良くても悪くてもOK

 

ただし素材が悪い場合は着こなしを工夫しないと品が落ちます

レザーのカラー

ブラック・ブラウン・キャメル・ボルドー・カーキ・サンドなど

ナチュラルな色目がカジュアル向き。

 

カジュアルに向くデザイン

ライダースジャケット

 

注意点

年齢を重ねるにつれてカジュアルは難しくなります(50歳以上)

年齢相応にカジュアルにまとめたいならば、3のカジュアル+キレイ目を参考にした方が良いと思います。

また加齢による体形の変化(太る)もこの章のカジュアルではアンバランスになります。

50代以降のカジュアルには体型の維持上級コーデが必要です。

 

 

2.きれいめ

レザーの素材や加工

できるだけ上質な素材がおすすめ

ラムかスエードですが、スエードは取り扱いが難しいことをわかった上で選んでください。

型押しやプリントなどの加工をしていないツルりと表面の美しいレザーは全体を品よくキレイにまとめてくれます。

 

レザーのカラー

レザーの場合、濃い色はハードに見えがちです。

生地で濃色が似合う方でもレザーの濃色は負けてしまう方が多い。

レザーはとても発色がきれいですので優しい色がおすすめです。

優しい色はレザー感を全面に出さずに何気なく着こなせること、そして季節の幅が広いというメリットがあります。

キレイ目に着こなすためのデザイン

シンプルなノーカラージャケット

テーラードジャケット(少し硬い雰囲気になる傾向があるので注意)

ライダース系なら上質素材でファスナーなどの少ないもの

 

3.カジュアルにもきれいめにも

 

レザーの素材や加工

上質な素材 ラムがおすすめです。

カジュアルになる加工は向きません。

 

レザーのカラー

素材が上質であれば色は選びません。

 

ブラック⇒ハードになりがち

ブラウン⇒ブラックよりは柔らかくなる

キャメル⇒カジュアル寄りになる

カーキ⇒カジュアル寄りになる

グレー⇒人により地味になる可能性がある

ネイビー⇒品よくまとまるが少しハードになる方がいる)

ベージュ⇒万能

カラー⇒強い色よりもベージュベースの色の方が使いやすい

ノーカラー・ライダース

 

デザイン

できるだけシンプルにした方がカジュアル・キレイ目両方に使える

 

 

番外編 コートはデザインを選ぶとジャケット以上に使える

 

番外 実はジャケット以上に便利なアイテム⇒ノーカラーコート

※yuccaのノーカラーコート

ベージュ・ネイビー・ブルーなどの展開あり(S/M/L/LL/3L)

 

ノーカラーコートはロングカーディガンとしても使え、どんなインナーにも合わせることが可能です。

ジャケットは秋や春がメインになりますが、コートなら冬にも対応。

実は着用の幅はジャケットより長いのです。

 

私はこのコートのベージュをヘビロテしています。

 

レザージャケットの失敗しないサイズ選び

前を締めて着るか開けて着るかにより選ぶサイズが異なります。

前を締めずに羽織る方が95%・締めたい人が5%そんなイメージです。

 

良い素材の場合は背中部分に緩みが出てくることが前提です。

硬めの素材はあまり緩まないのでゆとりのあるサイズを選びましょう。

 

前を締めずに羽織る人の場合⇒ぴったりです絶対に

ファスナーやボタンを締めたときに胸を抑えるぐらいのぴったり感が理想です。

着用し、体温がはいると良い素材は必ず緩みがでてきます。

ジャケットはぴったりがおすすめです。

 

コートは少し緩みがあった方が安心ですね。

  • 寒がりさんで沢山着る方
  • ジャケット(スーツ)の上から着用する方

 

など何を着るかによってサイズは選びましょう。

サイズ選びの超重要ポイント
ジャケットもコートもむやみに大きいサイズを選ぶのは老けて見えがちなのでNGです。

 

 

 

まとめ

✅レザーをこう着たい、という憧れは捨てて、今のご自身の雰囲気、お洋服に合うタイプを選びましょう。

 

✅テイストにより選ぶ色も変わります。

 

✅サイズはぴったり目がおすすめです。

 

おまけ

専門の販売スタッフを利用するのも手です。

しかし専門なのかどうかって判別しにくいですよね。

コチラのブログに専門かどうかを見抜く方法を書きましたので、買いに行く前にさらっと読んでおくといいかもしれません。

 

レザーマイスターnob
レザーマイスターnob

いつかどこかで私も皆様のお見立てをしたいです。

新潟・東京・京都・姫路・金沢・盛岡・今後は福井

あたりにはよく出張しています。

スケジュールなどお知りになりたい方はお問合せフォーム

からご連絡くださいね。

よくいただく質問!レザーの寿命はどれくらい?

長く着用する秘訣を書いています。

参考にしてみてくださいね。

 

レザーのメンテナンスに関する専門家のブログです

ラムレザーの修理|諦めないで!修理内容ごとに解決方法を徹底解説
レザーの修理、どんなことができて、どこで引き受けてくれるかわかりにくいですよね。 針穴が残るため縫い直しがきかないレザーはリスクが高く受けてくれる業者が少ないのが実情です。このブログではどのような修理があるか、そして行き場がなくて困っている方のために相談窓口のご案内もしています。ぜひご覧ください。
ラムレザーのシワはアイロンできれいに!低中温でスチームは絶対NG
ラムレザーは4つのポイントさえおさえれば失敗せずにアイロンがかけられます。表からあて布をしてスチームなし。低温~中温で押しがけ。レザーのプロが丁寧に解説していますので気になる方は参考にしてみてください。
レザーはクリーニングが必要?業界34年の私が失敗のない出し方を解説
シーズンが終わるとレザーをクリーニングに出した方がいいか迷いますよね。結論から言うとむやみに出さない方がいい。クリーニングをする必要がないのに出してしまうとせっかく味がでてきているのに素材感が変わってしまいもったいない結果になります。クリーニングが必要な状態やおすすめの業者を業界34年の私が解説します。
ラムレザーに臭いがついたときの取り方|裏地・表地両方詳しく説明
ラムレザーは洗濯機でジャブジャブ洗えないのでニオイがついたとき、心配ですよね。 内側は汗、表地はタバコや焼肉のニオイ。レザーなので一見難しそうですが実は簡単です。裏地(生地)と表地(皮革)とは扱い方が違います。それぞれのメンテナンスの方法を詳しく解説しました。参考にしてみてくださいね。
ラムレザーのお手入れは?【結論】放置でOK!クリーニングやオイルの塗りすぎ厳禁!
レザーはお手入れが大変、と思っている方がまだまだ多いですが、それは30年前の話です。レザーマイスターの私がお手入れを一切せず、シーズン中は毎日着用し何年も着たおしています。つまり通常のラムレザージャケットやコートはお手入れはいりません。しかし一部のレザーはお手入れが必要です。レザー専門の私が細かく解説します。
レザージャケット|夏の保管は湿度に注意!レザーのプロが細かく解説
秋から春に大活躍したレザージャケット。そろそろ仕舞う時期になりました。オフシーズンはどのように保管したらいいのか、よく聞かれる質問です。表面の汚れをとり、ハンガーにかけてクローゼットへ。素材によってはお手入れが必要なものもあります。レザー業界35年の私が吊るす場所までわかりやすく解説。ぜひ参考にしてみてください。
レザーの色あせ|種類・色・大きさで補修が異なる!業界のプロが解説
レザーは長く着用すると色あせしたりスレたりすることがあります。ショックですよね。でも安心して。レザーの種類や色、面積によって対処法が変わります。セルフメンテナンスが可能か、専門業者に出すかも診断します。ご自身での補修方法も業界34年のプロが徹底解説。これを読めばお悩みが一発解決です。
レザージャケット|袖丈が長いとシャープさに欠ける!修理出しはココ
レザージャケットは購入時に袖丈ツメをしないとズルズルと袖が長いまま着用しつづけてしまいますよね。しかしレザーに限らず袖丈が合っているのは大事な事。お近くにレザーの修理屋さんが見つからない場合はyuccaにご相談ください。このブログでは相場なども含めて業界35年のプロが解説しています。ぜひ参考にしてみてください。
レザージャケットのボタンの付け方は簡単!注意点は3つ業者も紹介
レザージャケットやコートのボタンが緩んだり取れてしまったらどうしてますか?レザーであってもボタン付けは同じ。ただし3つだけ注意点があります。①指ぬき・三角針の使用②すでに空いている針穴を使うこと③足を高くすること。難しくはありませんがきれいに仕上げるのは慣れが必要。自分では無理~という方に業者をご紹介。
レザージャケットの手入れ|衣替え時にチェック!対処法をプロが解説
レザージャケットのお手入れ。衣替えのタイミングでレザージャケットを乾拭きしながら全体をチェックしてみてください。何もなければそれで良し。ボタンが緩んでいたりカギ裂きがあったりする場合もあります。業界35年のプロが想定されるトラブルを列記してみました。それぞれの対処法を細かく解説。ぜひ参考にしてみてください。
ラムレザーは雨や雪の日はNG!水から守る方法やはっ水レザーを紹介します
ラムレザーは雨の日着るとシミになる可能性大。大敵が「水分」だから。 レザーを雨から守るためには事前の準備が必要です。「はっ水スプレーをする」「パールトーン加工をする」「yuccaレザー(はっ水済)から選ぶ」 レザージャケットやコートは風を通さないから雨の日こそ便利。前準備をして雨や雪の日もレザーを楽しんでくださいね
タイトルとURLをコピーしました