ラムレザーとは

ラムレザーの特徴は?メリットデメリット!36年のプロが徹底解説

ラムレザー(ラムスキン)上質なレザーウエアに使われている素材、ぐらいまではご存知の方も多いはず。しかし実のところよくわからない、間違って覚えている方もいます。レザー業界34年のわたしがラムスキンの特徴について詳しく解説いたします。これを読めばラムレザーの魅力がわかるはずです。
おすすめのラムレザージャケット

ラムレザーのジャケット|いつまで?秋冬と答えたアナタは損しています

レザージャケットっていつまで着られるの?よく尋ねられる質問です。秋冬だけと思っている方も多い。レザーは季節がないのがか特徴です。つまり冷たい風が吹いていれば何月に着用してもいいのです。日本は南北に広い国。このブログでは月別・地域別に分けて「レザージャケットの着ごろ」を解説したいと思います。
おすすめのラムレザー ボトムス

レザーのスカート|売っていない理由と人気のひざ丈のフレアをご紹介

レザーマイスターnob こんにちは レザーマイスターのnobです 店頭にいると「レザースカートありますか」 というお問い合わせが結構あります 羊子ちゃん 取...
ラムレザーのメンテナンス

レザージャケットのクリーニング失敗しないための3つの条件をプロが教えます

レザーマイスターnob こんにちは。 レザーマイスターのnobです 今日は失敗しないレザーのクリーニング について解説します 大事な点を6分まとめていますのでサクッとめを通して みてく...
ラムレザーとは

ラムレザーの寿命はお手入れより選び方!ポイントはたった5つ業界36年のプロが解説|裏側もプチ暴露 

レザーは長く使えることは知られていますが実際のラムレザーの寿命は気になるところ。5年でダメになる場合もあるし15年持つ場合もある。お手入れが重要という情報で溢れているけれど、その前に選び方が重要。業界35年のプロが長く着用するための大事なポイント5つを徹底解説します。ちょっとだけ裏側も暴露。
おすすめのラムレザー ボトムス

ラムレザーのシワはアイロンできれいに!低中温でスチームは絶対NG

ラムレザーは着れば着るほど良い味が出ます。それがレザーの特徴。 しかし裾のシワが気になる、などの相談もいただきます。レザーは4つのポイントさえおさえれば失敗せずにアイロンがかけられます。表からあて布をしてスチームなし。低温~中温で押しがけ。レザーのプロが誰よりも丁寧に解説していますので読んでみてください。
ラムレザーのメンテナンス

レザージャケット|袖丈が長いとシャープさに欠ける!修理出しはココ

レザージャケットは購入時に袖丈ツメをしないとズルズルと袖が長いまま着用しつづけてしまいますよね。しかしレザーに限らず袖丈が合っているのは大事な事。お近くにレザーの修理屋さんが見つからない場合はyuccaにご相談ください。このブログでは相場なども含めて業界35年のプロが解説しています。ぜひ参考にしてみてください。
ラムレザーのメンテナンス

レザーウエアのボタンの付け方は簡単!注意点は3つ|加工業者も紹介

レザージャケットやコートのボタンが緩んだり取れてしまったらどうしてますか?レザーであってもボタン付けは同じ。ただし3つだけ注意点があります。①指ぬき・三角針の使用②すでに空いている針穴を使うこと③足を高くすること。難しくはありませんがきれいに仕上げるのは慣れが必要。自分では無理~という方に業者をご紹介。
レザーの豆知識

レザー(本革)と合皮の見分け方|最後は素材を嗅いでみる、で決まり!

似た感じの本革と合皮ですが、似て非なるもの。本革と思い込み合皮を購入している方も少なくありません。そこで本革と合皮の見分け方を細かく説明しました。見分けがつきにくい合皮も多いので誰でもわかる判別の仕方、勘違いしやすい表現、洗濯ネームについてもまとめています。レザー業界35年のプロの解説。ぜひ参考にしてみてください。
おすすめのラムレザーコート

レザージャケット選び方憧れで買うと失敗します!女性はテイストが重要

レザージャケットの選び方って難しいですよね。初めて尚更です。レザージャケットをかっこよく着たいと思いがちですがそれは失敗のもと。ご自身の雰囲気、持っている洋服にプラスすることが大事なのです。このブログでは【レザー業界35年のプロ】がテイスト別に素材・デザイン・色のおすすめを分かりやすく書きました。参考にしてくださいね。
タイトルとURLをコピーしました