レザージャケットの手入れ|衣替え時にチェック!対処法をプロが解説

ラムレザーのメンテナンス
この記事は約6分で読めます。

 

レザーマイスターnob
レザーマイスターnob

こんにちは、レザーマイスターの

nobです。

冬服はもういらなそうですね

天気の良い日に衣替えをしちゃいましょう

羊子ちゃん
羊子ちゃん

ダウンやウールコート、

レザージャケットもそろそろ

いらないのですがしまう前、

お手入れどうしたらいいか

わからないんです。


このブログでは

 

  • レザージャケットの手入れの仕方がわからない
  • 衣替えでしまう前にレザージャケットをメンテナンスした方がいいかわからない
  • 仕舞おうとしたら気になる点がみつかったけどどうしたらいいかわからない

 

そんな方に向けて書いています。


 

【結論】

基本は乾いたタオルで全体を丁寧に拭きながら全体をチェック。

気になることを発見した場合の解決方法を詳しく書いたのでそれに沿ってメンテナンスしてください。

  • お手入れ方法
  • クリーニングが必要かどうか微妙
  • しわが多い
  • 色あせしている
  • ニオイがついている
  • ボタンのゆるみ、破れなど
  • 袖が長い・裏地が出てくるなど
  • ボールペンがついていた

必要なところだけ読んでみてくださいね。

 

一発解決です。

 

これを書いている私

23歳から58歳の現在に至るまで35年間レザー業界で仕事をしています。

商品開発・営業・販売・広報まで様々。

現在は全国の大手百貨店で展開。

レザーマイスターとして全国の百貨店からお声がかかり多くのお客様にご紹介しています。

知識や経験においては日本でもトップクラスだと思います。

レザーの商品開発]と[レザー専門の販売]どちらかだけ、という方はいますが、両方の業務に30年以上携わっている人はいないから。

そんな私がラムレザーの豆知識やメンテナンス、またよくお聞きするお悩みについても書いていきいと思います。

 

スポンサー
スポンサー

レザージャケットの手入れ|衣替え時にチェック!対処法をプロが解説

通常のお手入れに加え、衣替えでしまう際のチェックと対処法について説明します。

通常のお手入れ

あまり神経質になる必要はありません。

やるべき事はふたつ。

 

乾いたタオルで全体を拭く。

ドライタッチ(触ったときに乾いた感じがする)の素材や牛革の場合は1-2ヶ月に1度程度保革用のクリームやオイルを塗る。

 

もう少し詳しくお知りになりたい方はコチラ↓

 

ニオイが付いてしまった時の対処法

皮革は中までニオイが浸透するということはまずありません。

皮革面と裏地面、両方の対処法

①皮革部分⇒乾いたタオルで拭きとるイメージ

②裏地部分⇒かたく絞ったタオルで裏地をサッと拭く⇒室内で乾かす

 

もう少し詳しくお知りになりたい方はコチラ↓

 

色あせ、スレなどで色が変わってしまったときの対処法

色あせやスレは自分でできる場合もありますが、専門業者に出した方がきれいに上がる場合が多い。

①黒のジャケットで部分的にスレて色がうすくなってしまったら⇒靴墨などを使い目立たないようにする。

②スレてその部分だけ色が変わってしまった場合⇒色掛けを専門の業者に出す

 

実例含めて詳しく書いていますので参考にしてみてください。

 

色掛けご依頼の方はこちら

修理のお問合せはコチラ

 

シワっぽくなってしまった時の対処法

クローゼットがギュウギュウでシワになる。

裾回りがシワになっいた。

そんな場合の対処法はふたつ

①吊るしておくだけで自重で目立たなくなる

②①でも気になるようでしたらアイロンをかける
簡単です。

くわしくはコチラ↓

 

アイロンがけのご依頼はコチラ

修理のお問合せはコチラ

 

 

ボタンのゆるみ、カギ裂き、ほつれなどを発見した場合。

ボタンのつけ方はの品物とほぼ一緒です。

コツは2つ。

残っている針あなを利用する(新たなところに針を刺すのは相当な力が必要なのと、穴が増えることにより、その周辺の皮革が弱くなる。切り取り線のイメージ)

②皮革に厚みがあるので足を長くとる。

レザーのボタン付けは三角針(先が三角になっている)を使うなど結構大変です。

そんな時には専門業者にお任せください。

すべてのボタンをチェックいたします。

修理のお問合せはコチラ

 

レザーのクリーニング希望の方

クリーニング出しをすると素材がドライタッチになります。

昔よりは技術も上がり良くなっておりますが、頻繁に出すことはおすすめしていません

汚れが気になる方などクリーニング出しを希望される場合は専門のクリーニング業者にお出しください。

yuccaも専門業者と提携していますので、ご希望の方はお問合せボタンからご依頼ください。

修理のお問合せはコチラ

 

 

袖が長い・裏地が出てくるなどの対処法

袖丈ツメや裏地カットは専門業者にお任せください。

 

修理に関して詳しく書いたブログがコチラ

修理のご相談はコチラ

修理のお問合せはコチラ

 

 

ボールペンが付いていた

①ボールペンをつけてすぐの場合

ボールペンが付いてすぐであればレザーの汚れ落としである程度キレイになります。

私が10年以上使っているのがトーエーのスペシャルクリーナー。

色々試してこれが一番落ちます。


②ボールペンをつけてから時間が経ってしまっている場合

時間が経ってしまったものは取れませんが、専門の業者に出しますと落とすことが可能です。

お問合せフォームからご連絡ください。

修理のお問合せはコチラ

 

まとめ

生地のジャケットやコートと同様、レザー製品も衣替えでしまう前に年に一度全体のチェックをしておくことをおすすめします。

 

気になることは専門スタッフに問い合わせてみるといいでしょう。

 

メンテナンスと同時に【シーズンオフお預かりサービス】も展開予定です。

 

 

 

上質ラムでレザージャケットをオーダーメイド|4-6月限定で受注可能
既成服にはご自身のサイズがない方、レザージャケットを見たいけれど好きなデザインが無いとお嘆きの方、レザージャケットのオーダーメイド、レザー専門のユッカならできちゃいます。ハイクオリティの素材を使用して55000円~(婦人)63000円~(紳士)ただし4月~6月までの期間のみ。工場の閑散期を利用。まずはご相談くださいね。
ラムレザーの寿命はお手入れより選び方!ポイントはたった5つ業界34年のプロが解説|裏側もプチ暴露 
レザーは長く使えることはわかっているけれど、実際ラムレザーの寿命はどのくらいと聞かれます。5年でダメになる場合もあるし15年持つ場合もある。お手入れが重要という情報で溢れているけれど、その前に選び方が重要。業界34年のプロが長く着用するための大事なポイント5つを徹底解説します。裏側をプチ暴露つき。
ラムレザーは雨や雪の日はNG!水から守る方法やはっ水レザーを紹介します
ラムレザーは雨の日着るとシミになる可能性大。大敵が「水分」だから。 レザーを雨から守るためには事前の準備が必要です。「はっ水スプレーをする」「パールトーン加工をする」「yuccaレザー(はっ水済)から選ぶ」 レザージャケットやコートは風を通さないから雨の日こそ便利。前準備をして雨や雪の日もレザーを楽しんでくださいね

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました