ラムレザーとシープレザーの違いは月齢のみ|業界34年のプロが解説

ラムレザーとは
この記事は約3分で読めます。
レザーマイスターnob
レザーマイスターnob

こんにちは

レザーマイスターのnobです

今日はラムとシープの違いに

ついてお話しします

羊子ちゃん
羊子ちゃん

ラムとシープってよく

聞くけどどう違うのかしら

このブログでは

 

  • ラムレザーとシープレザーの違いがわからない人
  • ラムレザーとシープレザーの特徴を知りたい人
  • ラムレザーとシープレザーのどちらがウエアに向くのか知りたい人

 

に向けて書いています

 

※ラムレザー=ラムスキン、シープレザー=シープスキン

このブログではラムレザー・シープレザーという呼び名で進めて参ります。

 

ラムレザーもシープレザーも羊。

違いは月齢です。

 

ここからはラムレザーとシープレザーの違い、特徴について業界34年の私が解説します。

これを書いている私

22歳から57歳の現在に至るまで34年間レザー業界で仕事をしています。

商品開発・営業・販売・広報まで様々。

現在は全国の大手百貨店で展開。

レザーマイスターとして全国の百貨店からお声がかかり多くのお客様にご紹介しています。

知識や経験においては日本でもトップクラスだと思います。

[レザーの商品開発]と[レザー専門の販売]どちらかだけ、という方はいますが、両方の業務に30年以上携わっている人はいないから。

そんな私がラムレザーの豆知識やメンテナンス、またよくお聞きするお悩みについても書いていきいと思います。

 

スポンサー
スポンサー

ラムレザーとシープレザー違いは月齢の違い|業界34年のプロが解説

ラムレザーとは

生後1歳未満の羊の革をラムレザーと呼びます

 

ラムレザーの特徴

  • 表面のきめが細かい
  • 毛穴が小さい
  • しっとり吸い付くタッチ
  • 柔らかい
  • 軽い

 

軽くてしなやかなので、特に女性用のレザーウエア向きです。

 

※生後6ヶ月革はベビーラム

高価な素材ではありますが、1枚が小さいためウエアには向きません。

 

ラムレザーの特徴について詳しく知りたい方はこちら↓

 

 

シープレザーとは

 

生後1年以上の羊の革をシープレザーと呼びます。

シープレザーは、ウールシープとヘアシープの2種類あります。

 

ウールシープとは

 

主に寒冷地に生息しているので寒さから身を守るために密度の濃い細い毛と皮下に脂肪を蓄えています。

つるんとした表革には向きません。

主にムートンとして加工されています。

ヘアシープとは

温暖な地域で生息している羊なので毛も短く皮下脂肪も少ない

革の質が良いので手袋や革靴などに適している素材です。

 

シープレザーの特徴(ラムレザーと比較)

ラムレザーと比べ重い(大人と子供の差)

ラムレザーと違い毛穴が大きい

ファー面(ムートン)を使うことが多い

裏面(スエード)を使うことが多い

 

まとめ

 

ラムスキンとシープスキンは月齢の違いだけ

ラムスキンは生後1歳未満(食肉ならラム)

シープスキンは生後1歳以上(食肉ならマトン)

 

ラムスキンは子供の羊なので軽くてしなやかで吸い付くような感覚です。

軽さとしなやかさを重視する女性向けのウエアはラムレザーがベスト

上質なラムレザーを使用するとロングコートでも驚く軽さです。

 

最近は男性も軽いレザージャケットを探す方が多い。

男性物はレザーの分量が多いので軽い素材でないと結果商品として重くなってしまいます。

上質なラムレザーがベスト。

ぜひ探してみてくださいね。

ラムレザーのお手入れは?【結論】放置でOK!クリーニングやオイルの塗りすぎ厳禁!
レザーはお手入れが大変、と思っている方がまだまだ多いですが、それは30年前の話です。レザーマイスターの私がお手入れを一切せず、シーズン中は毎日着用し何年も着たおしています。つまり通常のラムレザージャケットやコートはお手入れはいりません。しかし一部のレザーはお手入れが必要です。レザー専門の私が細かく解説します。
ラムレザーの寿命はお手入れより選び方!ポイントはたった5つ業界34年のプロが解説|裏側もプチ暴露 
レザーは長く使えることはわかっているけれど、実際ラムレザーの寿命はどのくらいと聞かれます。5年でダメになる場合もあるし15年持つ場合もある。お手入れが重要という情報で溢れているけれど、その前に選び方が重要。業界34年のプロが長く着用するための大事なポイント5つを徹底解説します。裏側をプチ暴露つき。
ラムレザーのシワはアイロンできれいに!低中温でスチームは絶対NG
ラムレザーは4つのポイントさえおさえれば失敗せずにアイロンがかけられます。表からあて布をしてスチームなし。低温~中温で押しがけ。レザーのプロが丁寧に解説していますので気になる方は参考にしてみてください。
タイトルとURLをコピーしました